暴落破壊投資術 レビュー&評価

   暴落破壊投資術NEO
borakuhakai

商材名: 暴落破壊投資術
販売者: 榊原祐樹
レベル: 中級者以上


 

商品概要について

暴落破壊投資術は、空売りに特化した、
日本株の株式投資マニュアル
です。

ある理由で上がりすぎて後は下がるのみ、という銘柄を抽出し、
空売りして大きな利益をとっていくための
ノウハウです。

なぜ空売りがいいのか?

株式投資では「買い」から入るのが一般的ですが、
信用取引で「売り」から入るのが空売りです。

とくに全体相場が下降トレンドのときや
大暴落の局面で威力を発揮します。

どんなに相場が好調でも、株は下がるときは下がるもの。

私は、基本「買い」スタンスでのトレードが好きですが、
下落局面に備え、リスクヘッジとして空売り銘柄も持っています。

暴落破壊投資術は、その空売りに特化したマニュアルです。
ある条件で上がりすぎた銘柄を空売り銘柄としてトレードします。

著者・販売者について

暴落破壊投資術の著者・販売者は、榊原祐樹さん。
個人投資家で、空売りをメインにトレードをされているようです。
マニュアルの販売以外には、とくに表立って活動はされていないようです。

暴落破壊投資術の中身は?

本体:マニュアル(ダウンロード版)

特典:
 ・無期限メールサポート
 ・暴落銘柄の無料メール配信サービス
 ・無料懇談会に招待
 ・鉄板銘柄プレゼント
 ・特別解説動画@購入者専用ページ


マニュアルに書かれているポイントは
以下のようなものです。

 1.誰も知らない本当の空売りの特性とは?
 2.暴落する可能性がある銘柄とは?
 3.負けない空売り候補にはある共通パターンがあります
 4.銘柄を選ぶときの注意点とは?
 5.勝てるデイトレード法とは?
 6.最新の空売り銘柄検証
 7.何回でも空売りをしてとれる銘柄
 8.新しい空売り術を伝授
 9.利益確定のポイント
 10.上手な資金配分とは?

暴落破壊投資術の対象レベル

暴落破壊投資術の対象者はずばり、
「空売りをしたい人」ですね(笑)。

ただし、レベルとしては中級者~上級者向きだと思います。
個人的に、初心者にはあまりおススメしません。

セールスレターの中では
「初心者ほど余計な考えが入らず、良い成績を残しています」
と述べており、まぁそれも一理あるのですが・・・

初心者は、まず「買い」戦略で慣れたほうがいい
というのが私個人の考えです。


信用取引に慣れている方、
すでに「空売りとは何か?」を認識している中級以上の方
のほうが、ノウハウを使いこなせると思います。

暴落破壊投資術によって得られるもの(メリット)


暴落破壊投資術は、ある理由で上がりきってしまい、
後は下がるだけ・・・という銘柄を抽出して空売りし、
大きな利益を上げることができるという点が大きなメリット
です。

大きく上がった銘柄は下げるときにはすごい勢いで下げていきます。
株はもとの値に戻ろうとする修正があるからです。


もちろん、「ただ単に、上がりきった銘柄を空売りする」
というのは誰でもできます。
ただし、その方法では痛い目を見ます。

空売りで踏みあげられて、
それでも損切りできずにいたら、
さらに踏みあげられて、
多くの含み損を抱えて追証(おいしょう)~~~~っ?!(涙)


という経験をしたことのある方なら、
空売りの恐ろしさをわかっておられるのではないかと思います。
(ハイ、私です。笑)

※追証とは、信用取引で保有している銘柄が
含み損が大きくなった場合に委託保証金が足りなくなることがあります。
そのときに追加で差し入れなければいけない保証金のことです

このマニュアルでは「ある理由で」上がりきって
後はさがるだけの銘柄を選ぶ

というところがポイントになっています。

マニュアルをじっくり読んで実践すれば、
確実に下がるであろう銘柄を選べるようになる、というのが
このマニュアルのメリットといえます。

個人的にこのマニュアルでもっとも得られた点は、

自分がこれまで空売りした銘柄が、なぜ下がらずに上がってしまい、
損をすることになってしまったのか?


と自分のこれまでの空売りトレードでの反省点が
明らかになったことです(笑)。

暴落破壊投資術のデメリット

暴落破壊投資術では、「上がりきってあとは下がるだけ」
といった銘柄を抽出して空売りをします。

「驚きのスピードで資産が増えることはもちろん
リスクが極端に低いという点にあります。」


とレターで表現しており、その勝率については

「95%以上が黒字になっております」

とのことです。

確かに、勝率を見ればかなり高いといえます。

しかし、残りの5%の「負け」たときはどうするの?
という点が気にかかりますよね?

そうなった場合は、当然ロスカット、つまり損切り
しなくてはいけません。

しかし、このマニュアルではロスカットの重要性や、
損切りポイントがさら~っとスルーされてる感じなのです。

このへんが、販売者のノウハウへの自信過剰というか、
ちょっと甘い部分だなぁ~と思います。

「ある法則に基づいて上がった銘柄は
必ず直後から暴落するという法則があるからです」

と、もうこのノウハウの条件で選んだ銘柄は必ず下がる!
とあたかも断言されているのですが、


何事も100%などありえない!


と私は思うのです。

だから、万一のことを考えてロスカットポイントを
自分で考えておく
必要があります。

そもそも、ロスカットできない人は信用取引に
手を出すべきではありません。

ロスカットについての説明が希薄な点、
これがこの暴落破壊投資術のノウハウのデメリットであり、

万が一のときのためのロスカットポイントを徹底すること!

これが、ノウハウを実践するにあたっての注意点です。

暴落破壊投資術に関する私の率直な感想

空売りに特化したマニュアルというのも、
今でこそいくつか出てくるようになりましたが、
おそらく、この商材が草分け的存在ではないでしょうか?

空売りマニュアルの中では、おそらく一番有名で
一番売れたマニュアルだと思います。

ノウハウとしては実に理にかなっているし、
投資手法としてはわりと優れていると思います。

私も実践しましたが、ノウハウ通りに銘柄を選ぶと、
利益を出せるときは本当に利益を出せるんです。

だから、ノウハウとしては一定の評価をしたい。

しかし、ど~も大手を振って、
「このマニュアル、超いいですよ~~!」
と積極的におすすめする気になれない・・・んですよね。。(汗)

まずは、セールスページの怪しさ!

このマニュアルのセールスページを見ると、
こう思う方、少なくないのではないでしょうか…

「うさんくせ~~~!」


思いません??(笑)

空売りってめちゃくちゃ儲かりまっせ~

的な。

このノウハウ知らなきゃ、人生損してるよっ!!

・・・みたいな(笑)。

ちょっと、いやらしさを感じてしまう。
・・・いや、かなり(笑)。

しかも、やけにノウハウに自信満々なんです。

「莫大な資産を築けてしまう」
「過去20年間、勝率95%」


ここらへん、ちょっと誇大表現な感じが否めません・・・

そして、もう1点。

販売者の実体、つまり榊原さんの「人となり」が
いまいちはっきりしないのです。

投資系の商材って、それは人によるんでしょうけど、
私はその著者・販売者の人柄をけっこう重視します

自分の大切なお金をそのノウハウで運用する、
それはある意味、販売者にお金を預けるに近いですから。

だから、販売者が自分のノウハウに自信をもって売っているか、
購入者を大切にしているのか


そのあたり、私の場合はけっこう重要ポイントなんです。
商材を紹介する場合ならなおさら、です。

で、この作者なんですが、あまりご自身のこと公表してないんですよね。

大体、株式投資マニュアルの筆者や販売者は、
同時並行してセミナーなどを開催しているので、
わりと「顔が見える」感じなのです。

が、榊原さんに関してはまったくの個人投資家なので
プロフィールも詳細がわかりません。

アフターフォローでも、あまり人柄が見えてきません。
(私がおすすめする他の商材にくらべて、
購入者へのフォローはあまり手厚くありません。)

なので、販売者がいい人なのかが確信できない分、
自信をもってマニュアルを推薦できないんですよね。

じゃあ、中身はどうなのかといったら悪くはありません。
このノウハウはれっきとしたトレード手法として使えるものではあります。

私も、メインストリームではありませんが
時々、考え方を実践させてもらってます。

大きな声では言えないですけどね(笑)。

とくにどんなに相場が好調でも、空売り銘柄を持っておくと
安心感があるんです。

前日のNYダウが大きく下がったときなどは
ポジションが「買い」銘柄だけだと、
どうしても不安になってしまいます。

が、空売り銘柄をもっていると全体相場が下降トレンドになると
むしろラッキー!みたいな気持ちになります。

上がりすぎた銘柄が下がるときは大きく下がって、
それだけ含み益も大きくなります。

とくに全体相場が大きく下げると、そうした銘柄は
さらに大きく下げるので心の中でガッツポーズ(笑)。

嫌な奴ですね。。。(汗)

暴落破壊投資術は、王道の空売り手法か?
というと、・・・

邪道、かな。・・・あ、言いかた悪いですね(笑)

よくいえば、斬新ですし、
他にはないノウハウだと思います。


このノウハウを考えた榊原さんは
ある意味すごいなぁと感心する部分もあります。

ただ、初めて空売りに挑戦する人は
もっと基本的な空売り手法を教えてくれる他のマニュアル、
というか市販の「空売り」本がいいと思います。

空売りメインでポートフォリオを構築したい!
とか、下降相場に備えて空売り銘柄を入れておきたい!
という方は、暴落破壊投資術を読んでみるといいのではないでしょうか。


でも、万が一のときのロスカットポイントをちゃんと考え、
それを徹底すること!


これだけは守ってくださいね。
ってかこれできない人は空売りに参戦しちゃダメですよ(笑)。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ