株式投資における出来高と売買代金の違い

株式投資において、出来高売買代金はいずれも相場の勢いや、
市場の人気度を表す重要な数字です。

出来高とは、取引された株数がどれだけだったかを示すもので、
単位は、「~株」で表されます。

出来高は銘柄ごとに使われるのはもちろん、市場全体の取引きがどれだけあったか
というときにも使われます。

出来高が多くなれば株を買う人が多い証拠なので、株価が上がるのが一般的です。

出来高は、売買高と言われることもあります。

一方、売買代金は取引された金額がどれだけだったかを示すもので、
単位は「円」で表わされます。

売買代金も、個別銘柄、市場全体、両方で使われます。

売買代金は株価が上昇するのに伴って金額が大きくなります。

最近は、売買代金で商い状況を見る傾向が強く、

売買代金1兆円株式市場が健全かどうかの目安、
売買代金2兆円株式市場が活況かどうかの目安、

と考えられています。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ