NISA(少額投資非課税制度)とは

NISA(ニーサ)とは、
平成26年1月からスタートした「少額投資非課税制度」の愛称です。

英国のISA(=Individual Savings Account、個人貯蓄口座)をモデルにして日本に導入されました。
ISAに日本のNを付したのがNISAなのです。

NISAは、NISA専用口座で購入した株の税金(キャピタルゲイン課税・配当課税)が非課税になる制度です。

通常、株の売却益や配当金には、20%の税金がかかります(詳しくは、キャピタルゲイン課税と配当課税を参照のこと)が、

NISA口座で投資した株式等で得た売却益や配当金には税金がかからないというわけです。

このNISAは株式だけでなく、投資信託やETF、REITなどの派生商品も対象になっています。
(国債、社債、公社債投資信託などは対象になりません。)


NISA口座を開設できるのは、口座開設年の1月1日時点で、満20歳以上の日本在住者です。

このNISA口座は、すべての金融機関を通じて、一人につき1口座のみとなります。

※平成27年1月から金融機関の変更ができるようになります。
金融機関の変更を行った場合、複数の金融機関にNISA口座が存在することになりますが、各年において1つの非課税(NISA)口座でしか株や投資信託を購入できません。

NISA口座の非課税期間と限度額


NISA口座の開設が可能な期間は2014年から2023年までの10年間となっています。
そして、この間の非課税期間は最長5年間となります。

NISA口座を通じて購入できる限度額(非課税投資枠)は、1年間あたり100万円です。
100万円を超える分はNISA口座での購入はできません。

なお、その年に非課税投資枠を100万円まで使わなかった場合でも、翌年以降へ繰り越すことはできません。

そして、NISA口座を通じて購入できる限度額(非課税投資枠)の総額は最大で500万円です。

つまり、毎年100万円ずつの投資を5年間続け、最大で500万円(100万円×5年間)の非課税投資枠が利用できるといいうわけです。


今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ