株式市場とは -証券取引所の種類-

日本の株式市場の種類と特徴は以下の通りです。
(2014年1月更新)

証券取引所
市場
特徴
東京証券取引所東証1部日本の株式市場の約9割を占める代表的市場。
東証2部東証1部への上場基準を満たさない規模の企業でも上場できる市場
ジャスダック新興企業向け市場。
もともとは日本証券業協会が管理する店頭市場であったが、2013年より東京証券取引所の管理下におかれた。
マザーズ東京証券取引所が設立したベンチャー企業向け市場。上場基準が緩め。
名古屋証券取引所名証中部地方の企業が上場。1部・2部市場がある。
セントレックス名古屋証券取引所が開設する新興企業向けの株式市場
福岡証券取引所福証九州周辺(九州・沖縄・中国および四国地方)に本店を有する企業
Q-Board福岡証券取引所が開設する新興企業向けの市場
札幌証券取引所札証地元北海道の企業が中心であり、非常に小規模である
アンビシャス札幌証券取引所が開設する新興企業向けの市場

株式市場には、発行市場流通市場の2つの側面があります。

発行市場:企業が新たに株を発行したときに売り出しを行う
流通市場:発行された株が投資家の間で売買される

この2つの機能をクルマの両輪のように果たしながら、
株式市場は動いているのです。


今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ