株価が変動(上昇・下降)する要因

今日は株価が変動する仕組み・要因についお話ししたいと思います。

株価は、需要と供給のバランスによって、
上昇もしくは下落します。

つまり「買い」が「売り」多いと株価が上がり、
「売り」が「買い」を上回ると、株価は下がります。

そうした、株価変動を左右する需給バランスは、
「割高だからそのうち安くなる」と考える人が多いか、
反対に「割安だからそのうち高くなる」と考える人が多いか
によって決まります。

その結果、株価が上昇したり下落したりするのです。

株価が変動する理由は、数えきれないくらいほどの要因があります。

株価が変動する要因

・株式市場全体に関係すること
・その企業自体に関係すること


に分類して整理してみます。

株価<株式市場全体>の変動要因

全体相場の上昇・下降の要因となる事象には、
主に、以下のものがあります。

・金利や為替
→低金利だと株式投資の人気が高まり、
株価が上昇するケースが多いのです。

・政治
→政治不安は相場全体の低調を招きます。
政治家や日銀総裁の発言には要注目です!

・国際情勢
→株式市場もボーダレスの時代です。
海外情勢はプラスにもマイナスにも大きく影響します。
特に戦争やテロ関連に株価は敏感に反応します。

・天候
猛暑と冷夏では株価に大きな違いがあります。
自然災害も株価に大きな影響を与えます。

株価<企業・銘柄>の変動要因

個々の企業(銘柄)の株価を上昇・下降の要因となる事象には
以下のようなものが挙げられます。

・業績
→投資家は業績から企業の成長性を読んでいます。
業績は直接的に株価に影響します。

・経営戦略
→その企業の経営戦略が将来を決めるといっていいでしょう。
期待が持てそうなら株価は上がっていきます。

・新製品・新技術の開発

新しい市場を開拓するような新製品、
新技術が投資家に与える期待感は計り知れません。
四季報の「研究開発費」は要チェックですよ♪

・人気・ブランド力

→同じような機能の製品を提供する企業でも、
ブランド力の有無によって株価が異なります。
圧倒的なブランド力と人気のある企業は、
投資対象としても人気が高いといえるでしょう。

いかがでしたか?
株の需給バランスと背景を正しく理解して
あなたの投資戦略にうまく生かしてくださいね!

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ