トレード日誌:2月3日(月)

本日の日経平均も続落でした。
日本株が下げ止まりませんね。

新興国不安は依然払しょくされず、海外投資家の売りが継続しているようで、朝方から輸出株を中心に売られました。

下げ幅は大引けにかけて300円近くまで拡大。
日経平均は下値サポートラインとみられていた1万4800円をあっさり割り込みました。

海外ヘッジファンドの売りが継続しているのは、「アベノミクスに対して急速に失望感が高まっているわけではないが、日本への関心が薄れ始めている」との指摘もあります。
米雇用統計など重要指標を見極めたいとの思惑もあり、当面は調整局面が続くとの見方です。

≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価: 14,646.75 -267.78
ドル円: 101.88-102.4
NYダウ: 15,698.85 -149.76
ナスダック: 4,103.87 -19.24
NY金: 1,244.80 +4.70
NY原油: 97.04 -0.45
米10年債: 2.666 0.000
CME225先物: 14,670.00 +60.00
日経平均予想変動値幅: 14500 – 14750
 
≪本日発表の経済指標≫
1月米ISM製造業景気指数(ISM)
12月米建設支出(商務省)”

≪仕掛け銘柄≫
1929 日特建設 383円×200(売り)
5915 駒井ハルテック 305×1000(売り)
4151 協和キリン 1064円×1000(売り)

≪手仕舞い≫
4406 新日本理化 249円×1000
損益率:-10%
つまり、損切りです。反省点たっぷり。
これについては後ほど振り返りを行ってチャート分析とともに反省記事をアップをしたいと思います。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ