トレード日誌:7月17日(木)

東京株式市場で日経平均は小幅に続落しました。
終値は9.04円安の15370.26円でした。

前日の米株市場では、米インテルなどの好決算や、
企業のM&Aに関する動きなどが好感され、
主要3指数がそろって上昇。
ダウ工業平均は終値で最高値を更新しました。

この流れを受けて、東京市場は朝方は買いが先行しました。
ただ、米10年債利回りが2.53%に低下し、ド
ル安方向であるため、輸出株を筆頭に上値は重い印象です。

日経平均は寄付き直後につけた15465円を高値にこう着し、
後場には下げに転じました。
明日も3連休を控えていることもあり、
軟調に推移するのではないかと予想されます。

今後の米主要企業の四半期決算や国内決算の結果次第では、
株価に方向性が出てくるのではないかと、
週明けのパフォーマンスに期待しています。


≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価: 15370.26 -9.04
東証1部騰落数(値上/値下): 772/903
東証出来高(万株): 228565
東証売買代金(億円): 17410.94
ドル円: 101.4-101.68
NYダウ: 17,138.20 +77.52
ナスダック: 4,425.96 +9.58
NY金: -
NY原油: 101.48 +0.28
米10年債: 2.530 0.000
CME225先物: 15440
 ※米市況は前日終値データです。
日経平均予想変動値幅: 15350-15500

≪本日発表の経済指標・主なイベント等≫
国内決算(安川電機)
6月米住宅着工件数
7月米フィラデルフィア地区連銀業況指数

≪売買記録≫
池上通信機 124円×2000株 返済買(利確) 損益率:+9%

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ