トレード日誌:7月14日(月)

東京株式市場、日経平均は6営業日ぶりに反発しました。
終値は、前日比132.78円高の15296.82円でした。
一時1万5300円台を回復する局面もありました。

東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が全体の7割でした。
ソフトバンクなど通信株が一段高となったほか、
低位材料株や新興市場の中小型株も買われました。

日経平均は抵抗線と見られた25日線を上回り、
前週末に警戒された調整入りがいったん回避された模様です。

政策期待から底堅さが確認されつつも、売買代金は依然乏しい状況です。

14~15日の日銀 金融政策決定会合や
今週から本格化する米企業決算を控えて
市場では様子見ムードが強いようです。

≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価: 15296.82 +132.78
東証1部騰落数(値上/値下): 1361/358
東証出来高(万株): 192669
東証売買代金(億円): 15457.67
ドル円: 101.28-101.62
NYダウ: 16,943.81 +28.74
ナスダック: 4,415.49 +19.28
NY金: -
NY原油: 100.78 -0.05
米10年債: 2.516 0.000
CME225先物: 15175
 ※米市況は前日終値データです。
日経平均予想変動値幅: 15100-15300

≪本日発表の経済指標・主なイベント等≫
3月鉱工業生産確報(経産省)

≪売買記録≫
6301 小松製作所 2302円×100株 買い
8601 大和証券G 849円×1000株 空売り
このところ上昇トレンドにあったコマツを押し目買い。
ただし、上値を切り下げてきているので、
そろそろ下降トレンド入りかも。
短期で買いですが、そろそろ売り参戦がいいかも?!

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ