トレード日誌:7月10日(木)

東京株式市場、日経平均株価は4日の続落となりました。
終値は、前日比86.18円安の15216.47円でした。

前日の米株市場は 、6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を受け、
ダウ工業平均含めて主要3指数がそろって上昇。

東京市場では朝方は米株高を受けて買いが先行して高く寄り付き、
強含みで推移するかと期待されましたが…

前場は、前日終値を挟んでこう着、
後場に入ると先物主導で下げ幅を広げました。

朝方発表された5月機械受注が大幅に悪化したこと、
6月の中国貿易統計が輸出入ともに予想を下回る伸びとなるなど、
経済指標が芳しくない上に、
明日SQオプション産出を控えていることもあり、
全体的に弱気な相場展開でした。

とくに金融株が大きく下げ、
市場に停滞ムードが広がっているかのようです。


≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価: 15216.47 -86.18
東証1部騰落数(値上/値下): 260/1465
東証出来高(万株): 197386
東証売買代金(億円): 16706.61
ドル円: 101.03-101.68
NYダウ: 16,985.61 +78.99
ナスダック: 4,419.03 +27.57
NY金: 1,330.50 +6.70
NY原油: 101.97 -0.32
米10年債: 2.558 +0.013
CME225先物: 15350
 ※米市況は前日終値データです。
日経平均予想変動値幅: 15200-15400


≪本日発表の経済指標・主なイベント等≫
5月の機械受注
6月の企業物価指数


≪売買記録≫
8601 大和証券G 861円×1000株
大きく下げたので逆張りで…。
このまま下げるようだと損切りも考えないと
いけませんね。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ