トレード日誌:5月9日(金)

東京株式市場、日経平均は小幅に続伸しました。
終値は、35.81円高の14199.59円でした。

前日の米国株市場が下落したことや、円高に振れていることなどから
朝方は売り先行で始まりましたが、円高一服もあり下げ渋った模様です。

5月限日経平均オプションのSQ値が1万4104円で決まり、
同水準をサポートとして、短期筋の先物買いが入ったようです。
SQ値がその後の抵抗線や支持線になりやすいと言われています。


≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価:  14199.59 +35.81
東証1部騰落数(値上/値下): 1053/608
東証出来高(万株): 194539
東証売買代金(億円): 18820.16
ドル円: 101.51-101.85
NYダウ: 16,550.97 +32.43
ナスダック: 4,051.49 -16.17
NY金: -
NY原油: 100.46 +0.20
米10年債: 2.607 +0.005
CME225先物: 14095
 ※米市況は前日終値データです。
日経平均予想変動値幅: 14000-14250


≪本日発表の経済指標・主なイベント等≫

日経平均オプション5月限SQ(特別清算指数)算出
4月中国PPI、CPI
3月米卸売在庫
決算発表(富士重工業 <7270.T>、三菱重工業 <7011.T>、新日鉄住金 <5401.T>、
スズキ <7269.T>、国際石油開発帝石 <1605.T>、オリンパス<7733.T>など)


≪売買記録≫
8628松井証券 空売り

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ