トレード日誌:4月23日(水)

東京株式市場、日経平均株価は3日ぶりの反発でした。

終値は、前日比157.50円高の14546.27円で、
節目の1万4500円を回復しました。

前日の米国株式市場でS&P総合500やナスダック総合が
6営業日連続で値上がりし、海外運用資金の流入も手伝って、
朝方から買いが先行しました。

オバマ米大統領訪日による政策期待のほか、
来週30日の日本銀行金融政策決定会合へのサプライズ期待から
リスク許容度が高まったようです。

今後は、米国市場でアップルやフェイスブックなどの
決算が予定されており、結果次第で
国内のネットやバイオ関連への買戻しも期待できそうです。

また、日米首脳会談や環太平洋連携協定(TPP)の
日米合意への進展も日米の株価に大きな影響を与えるものであり、
それらの行方にも要注目です。


≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価:  14546.27 +157.50
東証1部騰落数(値上/値下): 1301/361
東証出来高(万株): 15026
東証売買代金(億円): 15436.33
ドル円: 102.14-102.69
NYダウ: 16,514.37 +65.12
ナスダック: 4,161.45 +39.91
NY金: -
NY原油: 101.81 +0.06
米10年債: 2.711 0.000
CME225先物: 14485
 ※米市況は前日終値データです。
日経平均予想変動値幅: 14400-14600
外国人投資家動向: 


≪本日発表の経済指標・主なイベント等≫
4月中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値


≪現在のポジション≫
買い:2銘柄、売り:3銘柄

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ