トレード日誌:1月17日

今日の東京マーケット、日経平均は小幅続落。
NYダウの反落と、外国為替で円安が一服したことで輸出株などが売り優勢になったことが要因のようです。
ただし、新興市場はしっかり。値動き軽いテーマ株が物色されたもようです。
売買代金は年明け17営業日連続で高くなっているので商いは活況ですね。
年始からの調整に一巡感が出ていて、外国人や国内の投資家の押し目買いが優勢となっています。

≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価:
ドル円: 104.34
NYダウ: 16,417.01 -64.93
ナスダック: 4,218.69 3.80
NY金: –
NY原油: 93.95 -0.01
米10年債: 2.847 +0.002
CME225先物: 15,635.00 -15.00
日経平均予想変動値幅: 15600円─15800円
≪本日発表の経済指標≫
12月米住宅着工件数
12月米鉱工業生産
1月米ミシガン大消費者信頼感指数速報値

今日は、株主優待で人気の銘柄(東証1部、小売業)に指値で買いエントリーしましたが、約定ならず。
場中、「あ、これは下げるな!」と思って、下に動かしたのがよくなかったですね。
本当に欲しくて、「この値段で買うぞ!」と一度決めたら、それを信じるのがいいですね。
例えその後下がっても、「このエントリーポイントが私が決めたところなんだから!」と納得しつつ、反省点・改善点を見つければいいんです。

来週の日本株マーケットは、基本的に底堅い動きになりそうではありますが、やはり米国の決算発表にも大きく影響されるだろうことも念頭において、手堅く投資していきたいと思います。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ