トレード日誌:2月21日(金)

日経平均は前日比400円超と、大幅に反発しました。

前日の米国株式市場で、
米製造業購買担当者景気指数(PMI)が
約4年ぶりの高水準をつけたことを好感し、
ダウ平均などの主要3株式指数が上昇したことや、
昨日の日経平均が300円以上下落していたことの反動も
重なって、朝方から買い戻し優勢の展開となりました。

ただ、現物市場の取引は乏しく、
今日の大幅反発は先物主導による上昇で
「エネルギーを伴わない全面高」と専門家。

週末のG20での新興国リスクに関する言及や、
日銀への追加緩和といった期待感なども
株価を押し上げる要因となったようです。

一方、市場では中国経済に対する警戒感も
高まっているもようです。

HSBCが昨日発表した
2月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)
速報値が7カ月ぶりの低水準となり、
結果を受けて日経平均が大幅安にふれたことから、
一部では「PMIショック」などと呼ばれており、
中国発の世界同時株安というシナリオを想定する
見方もあります。

当面は、こうした期待感と警戒感が入り混じり、
上下に振れやすい不安定な展開となりそうですね。


≪国内外の市場の状況≫
日経平均株価: 14,865.67 +416.49
ドル円: 102.52 +0.26 (終値)
NYダウ: 16,133.23 +92.67
ナスダック: 4,267.54 +29.59
NY金: 1,320.20 +3.10
NY原油: 102.74 -0.01
米10年債: 2.754
CME225先物: 14,780.00 +235.00
日経平均予想変動値幅: 14500-14650

≪本日発表の経済指標≫
1月の日銀決定会合議事要旨

≪本日の取引履歴≫
本日、ロングで保持していた銘柄を1つ、
手仕舞いしました。

1か月ほど前に株主優待を目当てに買いで
エントリーしましたが、
一時、10%近くの含み損を抱え、
損切りすべきかどうか迷っていた銘柄です。

その銘柄は、「8297 イオン」。

本日、市場の大幅高を背景としての株高がもちろん、
自社株買いを好感されて急上昇したことで、
含み損が小さくなったので、
ここぞ!と手仕舞いしてしまいました。

株主優待は受けられないんですけどね。
おそらく権利落ち日にはガクッと下がるだろうと
思ったので、これ以上含み損を抱えるのはキツイな~
と思ってたんです。

損を抱えたままの手仕舞いは、正直いい気持ちでは
ありませんが、内心スッキリしたというのもあります。

これから、チャートを眺めて、振り返りをしたいと思います。
また、後ほどブログにも売買記録としてUPします。

今日も、当ブログ記事を読んでくださり、ありがとうございます。
お役に立てましたら、ポチッとお願いします↓

人気ブログランキング にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメントを残す

サブコンテンツ

メニュー

このページの先頭へ